介護しているあなた

介護しているお母さん 

疲れてませんか?


*気持ちに体が付いて行かない・・・しんどいですね。

*逃げられない介護の有る生活・・・一つでも楽にしたい。

*介護の中で時間のかかる『着替え』・・短時間で終わりたい。

*前開き肌着に『絵』が描いてあったら・・会話が広がります。

*笑顔が、笑いがみんなの肩の力を抜いていきます・・あっという間に『着替え』が終わりました。

 

介護の現場を見てきて(訪問口腔ケアの仕事をしてきました)認知症の母を13年看てきた私が見つけました。

【白いだけが肌着では無い】着る方の人生の一コマを絵にした肌着をお母さんに着てもらいませんか?



 

好きな洋服に 

こんな絵が描いて有ったらなあ


好きで買ったシャツに、小さなお花の絵が有ったらなあ・・・

 

子供のTシャツのここに、夢中になっている電車の絵が有ったらなあ・・

 

おばあちゃんの着てるシャツに大好きな犬の絵が有ったらなあ・・・

 

お気に入りのブラウスの襟にちょっとだけ絵が有ったらシミが隠れる・・・

 

 とか、とかにお応えします。私も自分の服に好きな絵を描いて楽しんでいます

 



物語を絵にして着る


飼い猫『パル』


介護の中で一番時間のかかる『着替え』をもっと短時間で終わりにしたら、お互いがどれだけ楽になるだろうか、、、

介護の現場を見て、経験して完成しました。

白い肌着に着る方の喜ぶ絵を手描きしました。

 

 『絵』から会話が生まれて、お互いの肩の力が抜けました。ほんの少しの会話がその場の空気を明るく変えました。

 

銀河鉄道 はやぶさ


「孫の大好きな東北新幹線が、銀河鉄道333の様に空を走っている様子を描いて欲しい。車掌は自分の飼い猫で。」と猫の写真を送って来られました。

 

後日、お孫さんと一緒に写る写真を送って来て下さいました。

 

お孫さんへの良いお土産になられた様で、私も嬉しくなりました。

飼い犬『安べエ』


「うちの犬は可愛いでえ・・」と声をかけられたのが出会いです。すぐに犬の安べエの写真を送って来られました。

 

手描きしたシャツをお送りすると、「嬉しくて毎日の朝の体操に着て行ってる。いつも安べエと一緒にいる様で嬉しいですよ。」

と、お手紙を下さった当時92歳のご婦人は、その後も描いて欲しい写真と洋服を送って来られます。




梶井 あけみ

はじめまして

 

仏像大好き *Asura ake* と申します。

 

ホームページにお越しくださり、ありがとうございます。

プロフィール

 

  幼い頃より絵画に親しんできました。

娘達が小さくて外へ働きに行けない頃には、いくつかのお店で自身の製作物の販売をしていました。

 

 歯科衛生士30年、訪問歯科衛生士10年、母の介護を13年していました。

 

 絵画と医療、そして介護に携わった経験から、介護の中で一番大変な作業である 《着替え》 を楽にする方法を考えました。

 

介護用肌着に、着る方の大切にしているひとコマを手描きします。絵をきっかけに、自然と温かい会話が生まれるため、楽しくお話ししている間に着替えが終わるのです。

介護する方にも癒されて欲しいという思いで製作しています。

 

 また、介護用途以外の製作も多く取り扱っております。得意な絵は、花、葉、動物、建築物、仏像、電車、、、などです。現像物も模写致します。

 

 お気軽にご相談、お問い合わせください。